スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
行き当たりばったりの旅 in青島(チンタオ)3日目の午後&最終日
午後は「世界建築博物館」とも言われている「八大関風景区」へ行きました。

ここは1930年代に世界各国の領事館の金持ちが建てた洋館の別荘地です。

DSC02221.jpg

↑こんな道、天津にはないよね。海もすぐそこで歩いていてとても気持ちが良かった


DSC02227.jpg

「公主楼」 デンマーク式の建物


ここでは結婚式のアルバム用の写真を撮ってるカップルをたくさん見かけました。


砂浜で少し休憩してから「花石楼」へ。
花崗岩を使って作られた八大関を代表する別荘建築です。

ここはいい写真が撮れてなかったので写真はなし。

入ってすぐの所で写真を撮っていると「(たしか)2元払って」といわれました。なんか、お金を払わないと写真撮ったらダメらしい。誰も払ってないと思うけど。 うちも無視して払ってないですが。


八大関でのんびり過ごしたのであとは「五四広場」に行ってブラブラし、夕飯を食べに行きました。

その後は疲れた体を癒すために按摩へ。
歩きつかれた時の按摩は最高
2時間半みっちりやってもらいました。




最終日は買い物のみ。
ホテル近くにマイカルとジャスコがあったので見て回りました。
マイカルはデカイ!地下1階から8階までありました。
家の近くにあれば暇つぶしに毎日行ってしまいそうな感じです。

ジャスコも中でクレープやら栗やらたこ焼きやらあるし、「フランソア」も入ってました。 おいしいパンが食べれていいな。種類もたくさんありました。懐かしのたこやきパントゲを買って帰りました。
天津にもあればいいなぁ。
クレープはおいしかったんだけど、生クリームじゃなくてアイスやったのが残念。

お昼はなぜか「味千ラーメン」
すっごい列ができてました。



荷物もあったので早いけど空港へ移動。
空港までは空港バスで行きました。
海天ホテルが始発で民航ビルを経由します。民航ビルの方が近かったのでそこから乗りました。
ビルの近くをうろうろしていたらチケット売りのおばちゃんが「空港に行くのか?」と聞いてきてチケットを売ってくれて乗り場まで案内してくれます。一人15元。
思ってたよりも快適でした。

で、空港に早く着きすぎたのでここで無駄な時間を過ごすことになったんだけど…

なかなかチェックインが始まらずに暇やったー。



一番に登記をしたはずなのにもらったチケットの座席はたしかCとE。
なんで離れた席なん?と不思議に思いながら飛行機に乗り込む。

DSC02253.jpg

飛行機小っちゃい
左一列右二列。 座席はなぜか左がAで右がCとEでした。
なんでこんなに番号がとんでるんだろ?

それにしてもこんなちっこい飛行機初めて乗った。
乗務員は一人。
後ろ向いたら最後の座席の人もすぐ近く。
なんだか笑えた。


そんなこんなで空気のきれいな青島とは再見。

あと一日あれば郊外の労山にも行きたかったな。


スポンサーサイト
中国内の旅行トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
行き当たりばったりの旅 in青島(チンタオ)3日目の午前
昨日の消えてしまった記事に未練はあるけど、気を取り直して頑張ろう。何書いたっけな?


3日目の青島は快晴
とてもいい天気でした。


まずは故郷で有名な中国の作家「魯迅」の功績にちなんで作られた「魯迅公園」へと向かいました。

もちろんバスで。

ここには魯迅の文章が石に彫ってあるんだけど、常に人が写真を撮ってたので写真を撮る機会を逃してしまった。


魯迅公園のすぐ近くの海↓
DSC02191.jpg



魯迅公園を見終わってフラフラ歩いているともう一つの水族館「青島海底世界」のくらげ館があったのでこっちの水族館も見ることにしました。

DSC02193.jpg

↑くらげ?

この水族館はいくつかの館に分かれていて、係員の誘導に沿って次の館を目指します。
外を歩かないといけないので天気によっては大変だぁ。

メインの「海底世界」にいくまでの道は人だらけでなかなか進めない状態。

「海底世界」は動く歩道に乗って、水槽のトンネルを進んで行きます。詳しくはhuaさんの記事をご覧下さい。(また人まかせ)


出口近くで「クリオネ」発見!

DSC02210.jpg

DSC02211.jpg


かわいい


水族館を2ヶ所行くのもどうかね?と初めは思ったけど、「海洋世界」と「海底世界」で観察できる魚の種類も違ったので、どちらも楽しむことができました。


水族館の後は砂浜を散歩。

そしてまたバスに乗ってどこか適当な所で降りてみる。
するとなにやら人が集まっている。
何事かと思いきや…

DSC02214.jpg


やっぱり金豚だぁ

「第8回 中国美食まつり」が開催中
中国各地の屋台が並んでます。


DSC02216.jpg

いろんな物食べるんやねぇ

ここでちょっと買ってお昼にしました。

DSC02218.jpg


どっかの炒面。山盛りやけど、冷えててイマイチだった…


トイレに行きたかったので、近くのケンタッキーに寄ったところ、トイレがなかった
多分近くに第一海水浴場があるのでトイレをつけてないんだろうな。
仕方ないのでソフトクリームを買って出ました。
マックのソフトクリームよりもケンタッキーの方が味が濃ゆくて好きなので、ウキウキして食べたら…
味が違う!?
天津で食べる濃厚さがナイ  ショック?
地方によって味が違うんかね?



明日はもう帰るので、ゆっくりと観光できるのは今日の午後だけ。
見たい所に無事に辿り着くことができるかな?


中国内の旅行トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
しょっくショックしょっくー
「3日目の午前の部」を書き終わって保存ボタンをクリックしたら…


消えた!


ガーン   ガーン   ガーン


記事が全部消えてしもうた


もう書く気力がありません。


また明日?…
中国内の旅行トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
行き当たりばったりの旅 in青島(チンタオ)2日目午後
昼食を食べた後は旧市街地へ移動。

青島と言えばやっぱり「青島ビール」
青島ビール博物館に行こうと言うことになりました。

旅行に来たのにタクシーで移動は味気ないのでバスでの移動です。
が、もちろん下調べなんぞしてないので、とりあえず旧市街地の方に向かって適当に下車。
それからブラブラ歩いてたら「中山公園」に着きました。

ビール博物館は16時までなのでここでダラダラするのはもったいないと思いタクシーで行くことに。

しかし、中山公園も観光地。タクシーがまったくつかまらない!!
タクシーが止まったら中の人が降りる前に乗り込むくらいの勢いで捕まえなければいけませんでした。
で、やっと捕まえて
「ビール博物館まで」と告げる。
運転手は一言「知らん」
え!? ビール博物館って有名やないん?
もしかしたら運転手になって日が浅いんかね?とか思いつつ引き下がる。 でも、納得いかん。
で、またまたタクシー争奪戦に加わることに。
やっと捕まえたタクシー。
今度こそ!と思い
「ビール博物館」
「知らん」
は!? どういうことよ??
「え、青島ビール博物館やけど…」
「知らん」
「え、じゃあ地図があるけん見てよ。ココ。」と言って地図を差し出そうとすると振り向きもせず
「分からん」
ムッカー
ムカツクー 今思い出してもムカツクわ。
地図を見ようともしない態度。最低やん。
青島のタクシーの運転手の印象はこの2台で最悪と決定。

もうこんなのでイライラしたくないのでやっぱりバスを探そうとなったんやけど、3時近くなっててビール博物館行ってもあんまりゆっくり見れんかもねーとなり行き先変更。
青島ビールのラベルデザインでおなじみ(?)の「桟橋」に行くことにした。

「桟橋」行きのバスはたくさんあるので一番早く来たバスに乗り込む。
ちゃんと桟橋のバス停があるのを確認して乗って、バス停に着く毎にバス停の名前を確認してたのに桟橋のバス停が見当たらない…
気づいたら終点に着いてた  

降りた場所は桟橋からそう遠くはなさそうな所だったけど、歩くのは大変そうだったので仕方なくまたタクシーを捜す。
今度のタクシーは快く乗せてくれた。

無事に「桟橋」に着くと人だらけ
DSC02167.jpg


端の建物に行くのも疲れるので途中で引き返しました。


次はどこ行く???

教会がある所の町並みも見たかったけど、青島一の展望スポットと言われている「小魚山公園」に行くことに決定
DSC02177.jpg



ここからは旧市街地の街並みと海を見渡すことができます。
「覧潮閣」から見た景色。

DSC02173.jpg



DSC02174.jpg

↑青島テレビ塔が見えます。


DSC02176.jpg


葉っぱのと屋根のがいい感じ。
とてもいい眺めでした。

天津とは街並みがまったく違いますねぇ。



そろそろ夕飯の時間。
昼にhuaさんに電話してオススメの店を聞いておきました。

hua夫婦の青島旅行:食 NO.1 に選ばれた「順風肥牛」です。
電話で、「絶対行ってみて?」と言われたからには行かない訳がない。

で、早速お店に向かうんだが…
ここでも一波乱。
お店は延安三路と言う所にあるんやけど、バス停で延安三路と言う所が見当たらない。
ならば延安二路でもそう遠くはないだろうと思いそのバスに乗り込む。
なのにー・・
またまた延安二路のバス停が見当たらない。
まだかなまだかなぁと思ってるうちになんか街の雰囲気が変わってきた。街というよりも田舎な雰囲気。
道路の看板には「飛行場」の文字が。

これはおかしい!と思いあわてて降りる。
結局タクシーに乗ることに。
今回のタクシーはまず行き先を聞かれた。
どうやらもう家に帰るようだったけど、同じ方向だったので乗せてもらえた。
で、今バスで来た路を戻る…

でも、無事に店に着くことができた
やっとご飯だー。

火鍋と言えば肉!なんだが、ここは青島。
肉は一切頼まず海鮮と野菜少しを注文。
2人なのであまり種類を頼めないからねぇ

で、つけダレと言えば「ゴマダレ!」なんだけど、
ゴマダレではなくもうひとつ別のにしてみました。(名前忘れた)

このタレがうますぎ?
ゴマだれにせんでよかったなぁとしみじみ思いました。
ホントにもう一度このタレを味わいたい!!
幸せ?

入り口入ってすぐの所にクッキーと果物がおいてあります。
どうやらこれはサービスのよう。


huaさん、おいしいお店教えてくれてありがとうね
カエル家でもNO.1に輝きました

もっとたくさんの種類を食べたかったなぁ
hua家はいろいろ頼めていいなぁと食べながら思ったのデシタ。
やっぱり鍋は大勢で食べるのがいいネ

DSC02180.jpg


詳しくはhuaさんの記事をご覧下さい。


タクシーの運転手にイライラして、バスは乗り間違ってといろいろあったけど、食事がおいしかったので満足な一日でした。
結局ホテルまではまたバスで帰ったけどね。



明日の予定も決めてないけど、どうにかなるでしょ。



中国内の旅行トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
行き当たりばったりの旅 in青島(チンタオ)2のつづき
「海洋世界」は2006年の7月に作られたまだ割と新しい水族館です

中もキレイでしたよ。


DSC02091.jpg

↑入ったらはずは白熊が迎えてくれます。(あんまり良い写真やないね)

DSC02098.jpg

↑イルカにえさをやることもできるみたい。多分時間帯によるんだろうけど。

DSC02110.jpg


DSC02119.jpg



↓サメの上に子ザメ(?)が乗って下には中くらいのが2匹くっついて泳いでました。
DSC02126.jpg



途中みんなが集まってたので何事かと覗いてみたら、オットセイが遊んでました。階段を上って逆立ちした後プールに飛び込んでものすごい速さで泳いでエサをもらいに行きます。
なんだか癒される?


イルカ&アシカショーもありました。

DSC02147.jpg


DSC02148.jpg


観客の中から何人か選んで一緒に遊んだりするのもありました。
何か記念品もらってた。

会場は広いしキレイだし、前に大きな画面もあったので小さい子供でもちゃんと見る事ができると思います。

DSC02151.jpg


黒いイルカがショーをしてる時に、白いイルカがぐるぐる泳いだり頭を乗っけて待ってる姿がかわいかった?


ショーもすごく楽しめたんだんだけど、それ以上におもしろかったのは後ろのおばちゃん
イルカやアシカが芸をする度に「キャー!キャー!!」言いながら拍手して喜ぶ喜ぶ
おばちゃんの子供よりもそして他のどの観客よりも喜んでた。



水族館で楽しんだ後は石老人の海沿いを散歩。

DSC02154.jpg


海では何かを採ってる人がたくさん。
何採ってるんやろ? ワカメかな?


そんなに暑くない日だったので気持ちよく散歩ができました。


それからあてもなく歩いているとお腹すいたよねーって話に。
でも、何も店がない。
道沿いを歩いて探すけど、ここは住宅地なんかな?
店がなかなかみつからない。
途中でどっかのホテルらしき所で韓国料理を発見。
でも、旅行に来てまで韓国料理はねぇ天津でもしょっちゅう食べてるし。
なのでもう少し歩いて探してみることに。
それでもみつからなーい。
しばらく行くと少し町がにぎやかな所に出たのでココなら何かあるやろうと探してみるが…

韓国料理店ばっかり。


結局食べたのは韓国料理でした…   ふぅ


ご飯たべつつ昼からどうするかを考えてみる。

石老人の方はもう特にないのでとりあえずは観光地が集まってる旧市街地の方に行くことにしました。


こんな感じで午前中は過ぎて行きました。
 




「海洋世界」で見つけたもの。
DSC02087.jpg


警察が立ち入り禁止の時に使ってるテープ。
何でか分からんけど、こんな所に張ってありました。





「青島極地海洋世界」
   青島市東海東路60号  電話  0532?80999777
   8時?18時30分
   入場料  120元
   バス 「王家麦島」下車 歩いて15分くらいかな?
中国内の旅行トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| ホーム |次ページ
プロフィール

カエル

Author:カエル

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。